“342 名前:Mr.名無しさん[] 投稿日:2013/08/17(土) 10:52:51.88
職場の連中とカラオケ行った時「一番点数低かった人が罰ゲームで、
今まで生きてきた中で一番幸せだった瞬間を話す」ってのやった。
負けたのは40代の課長さんで、照れながら「残業で遅く帰ったら奥さん寝てて、
イタズラで寝顔にキスしたら“もう一回”って言われたとき」と言われ、
全員萌え死んだ。”
“国の金で外国に留学に行くと、国に戻ってきて国家のために働く、という約束をしなければならないが、そういう約束で出かけても、たとえば合衆国の大学が「違約金」に当たるものを本人に代わって支払うことによって日本に戻ってこない、というのはよくある。
大学院を卒業して日本の会社と合衆国の会社の両方からオファーがあると、一も二もなく合衆国のほうを選ぶ。
こういう友人達は「日本では自分がやろうと思っていることをやらせて貰えないから」というのが理由です。
言葉を変えると、「年寄りが権力を握っていて、その年寄りがバカだから」と翻訳される。
話していて、例として多かったのはT芝ならT芝に呼ばれてゆくと「きみたちのような特別に優秀な人間は会社のほうでも考慮して4、5年で責任ある部署で自分の宰領で事業を取り仕切られるようにしますから」とゆわれる。
一方で、タダファーストクラス航空券が送られてきて「うちの会社を見においでよ」よゆわれて出かけたシリコンバレーの会社では「はいったら直ぐ、○○の事 業をXX予算でやってね」とゆわれるので、T芝の担当者は気が付かなくても、聴いているほうは比較の問題として「T芝に行ってもしょーがないよね」と思 う。
あとはシリコンバレーに行くと九段下の行きつけのラーメン屋に行けなくなる、とか、合衆国に行ってしまうとガメから直々に教わったチンポコ潜水艦が温泉で やれなくなってしまうではないか、とかいろいろ考えて煩悶するが、結局は仕事上のやりたいことがやれるということを優先してシリコンバレーに行ってしまう もののよーである。”